当事者の声

横浜ばらの会 当事者の会に参加して(開催日 2016 年 10 月 29 日)

20 代〜30 代の 4 名の当事者が参加して、職業観や仕事観で大いに盛り上がった。
● 働くことと生きること
当事者たちは働くことや仕事をすることに拒否感を持ってはいないようだ。ただ彼らは日
本的働き方である「妄信的働き方」や「職場の人間関係の維持」を忌避していると感じた。
日常的に疑問を持つことや意見を発することを圧殺する働き方ではなく、疑問を解消する
ことや議論をすることで理解と納得をした働き方や生き方を望んでいるようだった。

いま、若い世代では新興企業や NPO/NGO などの「やりたいことのための団体」に所属す
る人々が増えている。当事者が「新しい働き方、新しい生き方」を見つけることや作り出す
ことによって、現代の資本社会で生きていく糧を得られるのではないかと考える。

もちろん簡単な事ではない。
しかし、IT の活用の幅が広がる時代に入り、働く場所や働き方に変革が起き始めている。
この変革の時代で「自分らしい働き方」を見つけたい。

● 親と子の働くことに対する意識の違い
いま、親と子の就職の衝突はひきこもり・ニート当事者親子に限らず起きている。就職活動
時期になると新聞や学校で「今と昔の就職の違い」を扱うことが多いことからもわかるだろ
う。そのような時代でもあり当事者親子では輪をかけて衝突とズレが起きていると感じた。

親は日本的働き方を望み当事者の子に話しかける。しかし、働くことの意識の違いが原因で
本質的な話がされてないように感じた。

当事者は「生きていたら働いていた」と考え、「仕事」に囚われず「実質的には仕事」をす
ることで収入を得て生きて行きたいと考えているようだ。ある活動をしているとき、負の感
情より正の感情が勝る活動が「実質的には仕事」となるだろう。当事者は、この「実質的に
は仕事」になるかもしれないことを考え探すところ、そこが「働くことのスタートライン」
と考えているのではないだろうか。

経済紙に載る働き方が唯一正解ではないことを理解していただき、多様な働き方が世の中
にあることを知りながら働き方・生き方の親子の会話をしていければと思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: